最新記事
週刊少年ジャンプ

アクタージュact-age【89話】「海の中」のネタバレ|最新話の感想も!

アクタージュ最新ネタバレ感想

 アクタージュ act-age【最新話89話】が2019年11月11日の週刊少年ジャンプで掲載されたので紹介致します!

 

   こちらで今回ご紹介するのは下記の記事になります!

 

  2019年11月11日に発売された週刊少年ジャンプ50

アクタージュ act-age【89話】「海の中」のネタバレ|最新話の感想も!

 

こちらの記事では文字だけでネタバレや感想をお伝えしております。

「漫画を画像付きで読んでみたい♪」という方は、
U-NEXTお得に読めちゃうのでおすすめです!

 

※今なら30間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる!※

 

2019年【アクタージュ】の過去ネタバレ話数
【123話】【122話】【121話】
【120話】【119話】【118話】
【117話】【116話】【115話】
【114話】【113話】【112話】
【111話】【110話】【109話】
【108話】【107話】【106話】
【105話】【104話】【103話】
【102話】【101話】【100話】
【99話】【98話】【97話】
【96話】【95話】【94話】
【93話】【92話】【91話】
【90話】【89話】【88話】
【87話】【86話】【85話】
【84話】【83話】【82話】
【81話】【80話】【79話】
【78話】【77話】【76話】
【75話】【74話】【73話】
【72話】【71話】【70話】
【69話】【68話】【67話】
【66話】【65話】【64話】
【63話】【62話】【61話】

https://jumpx.jp/act-age-zenkan-muryou/

 

アクタージュ【最新話89話】「海の中」のネタバレ

前回のあらすじ

 

 舞台が破綻しそうになりながらも、芝居を変えずに続ける王賀美。
その行動は、自らのイメージを壊し・・主人公を交代するのだった・・・

 

アクタージュact-age【88話】「俺の定義」のネタバレ|最新話の感想も!

最新話【89話】「海の中」のネタバレ

天才二人―――

 

 ―――怒りとは悲鳴だ―――――――

 夜凪から鋭い眼差しを向けられながら、王賀美は過去の自分を思い出し・・・
10年前―――自分が怒っていたのではなく、悲しんでいた事に気づかされる。

 それを芝居の中で夜凪から感じ・・・夜凪の怒りが誰にも理解されないまま舞台を終えてしまう所だったと――――

 それに気づけたことで助演も悪くないと思いながら、舞台袖へと引いていく王賀美だった。

 舞台袖で王賀美の芝居を目の当たりにした花子は、信念を貫いたまま弱さを見せず、自分の仕事を全うした王賀美の芝居が羅刹女主人公へと昇華させたことに驚いていた。

 

 始めは羅刹女が怖く思っていながらも・・・王賀美の見せた芝居から、活劇よりも一人の女性としての羅刹女心の話と解釈する吉岡

 夜凪の芝居を目の当たりにし、役者として遠くなっていくように感じながら
好き勝手演じているように見えて、引き立て役に回った王賀美の凄さをも体現していた。

 

 亀太郎は同じ引き立て役でありながら、自分の芝居とは違う事に感銘を受けていた。
夜凪の芝居は並みのバイプレイヤーなら飲まれて終わる所を・・・王賀美だからこそ夜凪の引き立て役になれたことに二人の天才の立ち回りを贅沢に思っていた。

 

葛藤・・・

 

 夜凪王賀美の芝居を社長であるアリサと共に見ていた天地は、感慨深いものがあるのではないか・・・かつて切り捨てた俳優である王賀美の活躍にを目の当たりにしてどう思うのか尋ねていた。

 それに対し、この企画を立ち上げた天地に感謝しながら・・・王賀美をもう一度、日本の俳優に―――と考えていた。

 寛大な答えに感謝しながらも、アリサは経営者に向いていないと言う天地・・・。
それは情でかつての稼ぎ頭を迎えることで、今の稼ぎ頭である千世子を窮地に陥れているように感じたからだ・・・。

 千世子の事を甘く見過ぎてていると返すアリサは、恐ろしいのは夜凪の芝居だけでなく憑依ともいえる迫真の演技と自ら飲み込まんとする存在感・・・
 それを保ちながら芝居をコントロールする強い精神力と技術に驚きを隠せないでいながらも、終幕まで演じられるかどうかを危惧していた。

 

 舞台袖に下がった夜凪を気にかける共演者に対し、「大丈夫」と言う王賀美だったが・・・花子夜凪を刺激する可能性があるため外にいるように促す。

 が・・・花子はお構いなしと言わんばかりに夜凪に対し、煽るような言葉を投げかける。

 

 その言葉に目を見開きながら、視線を向ける夜凪心の中では―――
我慢している自分に中学時代の自分が激情に身をまかせるように囁く・・・
 だが、夜凪は過去の自分に向き合い、役者として感情をコントロールしようとしていた。

 

 花子の言葉に怒りを噛みしめながら近づき胸ぐらを掴むと「望み通り最後まで演じてあげる」と目を見据えて言い放つ夜凪

 その言葉と行動から強さと覚悟のようなものを感じた共演者たちは全員で報いる為・・・舞台に向かう。

 

アクタージュの最新漫画を読む方法

アクタージュact-age【89話】「海の中」のネタバレ|最新話の感想も!でした!

 

ここまで読むと

 

  • 「文字だけじゃ物足りないよ!!!」
  • 「絵付きで読みたいよ!!!」

    っていう方もいらっしゃるのではないでしょうか?!

 

  そんな方におすすめしたいのがU-NEXTです♪

 

U-NEXTでお得に漫画が読める理由

 

U-NEXTをおすすめ理由は3つあります。

  1. 31日間の無料トライアルが可能!!
  2. 無料期間の時に600pt(600円分)がもらえる♪
  3. 期間内にやめてももちろん料金は発生しない!

 

無料トライアルで登録してすぐに600ポイントがもらえちゃうんです!

 

600ポイントですぐに最新刊が読めちゃうお得なサービスU-NEXTが開催中なので
是非このキャンペーン中に登録してみてくださいね!

 

U-NEXTの継続率が高い理由

  • 実は毎月1200円分のポイントがもらえるし翌月にも繰り越せる
  • ポイントの有効期限は90日間
  • 映画の割引チケットにも使えちゃう♪
  • アダルトもあるのでレンタルしに行く必要なし(*‘ω‘ *)

 

現在キャンペーン中

  • 31日間無料登録
  • すぐに600ポイントを無料でもらえる
  • すぐに最新刊が読めちゃう

 

是非このお得なキャンペーン中にU-NEXTに登録してみてくださいね!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

■今なら30間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる■

 

登録方法&解約方法は↑のボタンから解説しております。

(30日間無料トライアル&期間内に解約してもお金はかかりません)

 

毎月9日発売の【進撃の巨人】も先にどうぞ!

https://jumpx.jp/shingeki-118-netabare/

 

 

アクタージュ【最新話89話】「海の中」の感想

 

 今回の話のテーマは葛藤だったように感じました。

 まずは前回の続きという事で、怒りは悲鳴であることに気付いた王賀美が夜凪の感情を自分と重ねることで信念を貫き役目を全うし引き立て役として奮闘しました。
 その芝居に感銘を受ける観客、自らと比べる役者、感慨深く感じる関係者といった感じでそれぞれ違う感情が描かれながらも、それぞれが葛藤しているように感じました。

 夜凪の激情を役者になる前と後として描くことで葛藤を最大限表現し、それをコントロールしようとするさまが一番の見どころだったのではないでしょうか。

 次回は舞台「羅刹女」第二幕―――どうなるのか楽しみですね!!

 

まとめ

 アクタージュ【最新話89】「海の中」のネタバレや感想!をご紹介いたしました!

いかがでしたでしょうか?楽しんでもらたら嬉しいです!

少し前までは【漫画村】などで漫画が無料で読めましたが今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなってしまっています。

今はU-NEXTの無料キャンペーンがありますがいつまで行うかなんてわかりません…><

 

せっかくのチャンスですしまずは登録して読んでみて嫌だったら解約しちゃおう♪
な気持ちで登録するのはいかがでしょうか?(^^♪

 

 

また次号も楽しみに待ちましょう!!

 

この記事を読んだ人が見ているページ