週刊少年マガジン

ダイヤのA act2【165話】のネタバレ|最新話「それでこそ」の感想も!

ダイヤのAact2最新ネタバレ感想

ダイヤのA act2【最新話165話】が2019年5月8日の週刊少年マガジンで掲載されたので紹介致します!

  こちらで今回ご紹介するのは下記の記事になります!

  2019年5月8日に発売された週刊少年マガジン23

ダイヤのA act2【最新話165話】の「それでこそ」ネタバレや感想!

 

こちらの記事では文字だけでネタバレや感想をお伝えしております。

「漫画を画像付きで読んでみたい♪」という方は、
U-NEXTでお得に読めちゃうのでおすすめです!

 

  1. 31日間の無料トライアルが可能!!
  2. 無料期間の時に600pt(600円分)がもらえる♪
  3. 期間内にやめてももちろん料金は発生しない!

 

※今なら30間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる!※

 

2019年【ダイヤのA -actⅡ-】の過去ネタバレ話数
【194話】【193話】【192話】
【191話】  【190話】【189話】
【188話】 【187話】【186話】
【185話】 【184話】【183話】
【182話】【181話】【180話】
【179話】 【178話】【177話】
【176話】 【175話】【174話】
【173話】【172話】【171話】
【170話】【169話】【168話】
【167話】【166話】【165話】
【164話】【163話】【162話】

https://jumpx.jp/daiyanoa-zenkan-muryou/

ダイヤのA act2【最新話165話】「それでこそ」のネタバレ

ムーチェ
ムーチェ
前回のあらすじはどんなのだった?

・夏大会4回戦、八弥王子戦は青道1点リードで中盤戦に突入!鉄壁の守備で追加点を防いだ八弥は、球に目が慣れてくる後半戦での反撃に一縷の望みを託す。しかし対する降谷は回を重ねる毎に調子を上げ、相手打者に付け入る隙を与えない!!

ムーチェ
ムーチェ
ネタバレはこちら〜!

強烈な直球を投げ込んだ降谷。相手バッターは思わず空振り。その球速は155km/hを掲示していた!!

実況「さ・・三者連続ーー!!この試合早くも10個目の三振を奪いましたー」

スカウトマンa「おぉ・・自己最速!?出たな、センバツ越え」

観客a「いや・・球速以上のものがあるよ降谷の球は!!」

観客b「怪物が戻ってきた」

観客a「この男が本調子なら西東京獲れるだろ!!」

ベンチに引き上げてくる降谷を迎える沢村。思わず言葉が漏れる..。

沢村「…。そうでなきゃな。」

ワクワクとしているような表情の沢村。降谷も気合いがすさまじい。

降谷(あと4回..。)

そんな沢村の様子を見て声をかける奥村。

奥村「準備しますか?そろそろ…。今、手が空いているので」

沢村「おっしゃあいくぞ!!」

奥村「静かに..と」

そのやりとりを見ている同じ控え捕手の由井も気持ちを込めていた。

…..

5回裏になり青道の攻撃に。ワンナウトから倉持が四球を選んで出塁。すかさず盗塁で二塁に進塁する。これ以上なく自分の武器を発揮する倉持。

観客b「一番塁にだしちゃいけない男だな。もう動物。」

観客a「これまで守備に助けられていたが、八弥の投手も毎回出塁されている。相当神経を削られているだろ..。」

慌てて牽制球を2塁に投げ、倉持を押さえ込もうとする。倉持の走り気を見抜いていたが、ここは間一髪セーフとなる。

八弥「(ほおっておかないよ、こんなデカいリード)」「(ずっと2塁に張り付いてろ)」

これで対するバッターボックスの小湊との勝負に集中する展開に。

八弥「(ホームには帰さん)」守備陣もより集中する。

小湊「ファーストライン際締めてセカンド深め。右方向はかなり警戒してる。状況に応じた準備と確認がチーム全体に行き届いている。」

八弥捕手「(バッテリーがやるべきは一つ。低めに集めて引っかけさせる。”ゴロならバックが何とかしてくれる”)」

青道ベンチでは、大事な局面でコーチの落合が監督の片岡に一言。

落合「今日の降谷は安心して見ていられるとはいえ、リードはわずか1点。そろそろ追加点が欲しいですね。」

バッターボックスの小湊に対して片岡は以前、練習中にかけた一言を思い出す。

片岡「お前の兄の亮介は状況に合わせた打撃で青道打線の潤滑油だった。だが、左打者の亮介に対してお前は右のアベレージヒッター。亮介と同じ技術を求めるつもりはない。お前には基本バントのサインを出さない。点の取れるバッターとして、お前には期待している。」

 

ーメジャーには出塁率・長打率の高い強打者を2番に置くチームが多いー。お前はそのバットで青道打線のブースターとなれー

八弥投手の球を打ち返し、打球は二塁の川端の頭上を抜いていった。期待に応えたクリーンヒットだった。

青道チーム「越えたーーー!!」

青道野球部がここから加速していく…。

 

ダイヤのA act2の最新巻が読みたい!!

ダイヤのA act2最新話165話「それでこそ」のネタバレでした!

ここまで読むと

 

  • 「文字だけじゃ物足りないよ!!!」
  • 「絵付きで読みたいよ!!!」

    っていう方もいらっしゃるのではないでしょうか?!

 

  そんな方におすすめしたいのがU-NEXTです♪

 

U-NEXTでお得に漫画が読める理由

 

U-NEXTをおすすめ理由は3つあります。

  1. 31日間の無料トライアルが可能!!
  2. 無料期間の時に600pt(600円分)がもらえる♪
  3. 期間内にやめてももちろん料金は発生しない!

無料トライアルで登録してすぐに600ポイントがもらえちゃうんです!

 

600ポイントですぐに最新刊が読めちゃうお得なサービスをU-NEXTが開催中なので
是非このキャンペーン中に登録してみてくださいね!

 

■今なら30間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる■

 

ダイヤのA act2【最新話165話】「それでこそ」の感想

降谷は本当に絶好調ですね!これなら間違いなく勝ちそうですが、試合前には不安もあったのでこのままいけるのでしょうか。また、打線も倉持、小湊が長所を発揮して徐々に青道ペースですので、このまま押し切りそうになってきました。八弥王子も下克上の気持ちで踏ん張れるのか、次号も見逃せない展開になりそうです!!

ダイヤのA act2【最新話165話】「それでこそ」のまとめ

ダイヤのA act2【最新話165話】の「それでこそ」ネタバレや感想!をご紹介いたしました!

いかがでしたでしょうか?楽しんでもらたら嬉しいです!

少し前までは【漫画村】などで漫画が無料で読めましたが今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなってしまっています。

今はU-NEXTの無料キャンペーンがありますがいつまで行うかなんてわかりません…><

 

せっかくのチャンスですしまずは登録して読んでみて嫌だったら解約しちゃおう♪
な気持ちで登録するのはいかがでしょうか?(^^♪

 

 

また次号も楽しみに待ちましょう!!